読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどき写真の話をしよう

趣味の写真の話(ときどき)、雑談、買ったもののレビュー的な何かなど。

LEICA M10 + Summilux 75mm で散歩してきた(カラー編)

LEICA M10 写真 カメラ Summilux75mm レビュー ライカ

前回(http://tokisyabana.hatenablog.jp/entry/2017/02/19/122928)に引き続きM10と

ズミルックス75mmでのお散歩写真です。

今回はカラー編をどうぞ。

 

f:id:coolkick2016:20170219155406j:imageLEICA M10 , Summilux-M75mm/1.4(1st) , ISO100 ,1/500s

 少し絞っています。金属、塗装の質感が素晴らしいです。

f:id:coolkick2016:20170219155428j:imageLEICA M10 , Summilux-M75mm/1.4(1st) , ISO200 ,1/180s

 75mmは中望遠に分類されると思いますが誇張も少ないので標準レンズっぽい使い方もできますね。

f:id:coolkick2016:20170219155441j:imageLEICA M10 , Summilux-M75mm/1.4(1st) , ISO500 ,1/3200s

 やはりヨーロッパ生まれのカメラ。このようなシチュエーションがハマります。

f:id:coolkick2016:20170219155454j:imageLEICA M10 , Summilux-M75mm/1.4(1st) , ISO100 ,1/750s

 M10はハイライトが粘るので思い切ってハイ側に振れます。オールドレンズを使う際にもいわゆる「味」が出やすいのではないでしょうか。

 

いかがでしょうか?

レンジファインダーでブライトフレームを使って撮る時の利点のひとつに、写真に入らない部分も見ながらフレーミングできることがあると思います。その点で75mmのフレーム枠は(眼鏡をかけている)私にはちょうど良い大きさになりました。一方、ピント合わせはライブビューにしてピーキングで合わせることでかなり合わせやすくなっています(特にピントリングを回すと自動的に拡大する機能が絶妙です)。

 

それでは今日はこの辺で。