読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ときどき写真の話をしよう

趣味の写真の話(ときどき)、雑談、買ったもののレビュー的な何かなど。

【やってみた】iPhone7plusのポートレートモードで一眼並みのボケは得られるか

カメラ やってみた レビュー α7Ⅱ 写真

今日の記事はタイトルの通りです(笑)

 

結論から言うと

  ・iPhone7plusのポートレートモードでは、かなり一眼に近いボケを得ることができる。 

  ・ただし、シチュエーションによっては、なだらかなボケにならないこともある。

  ・ポートレート以外にもテーブルフォトや料理などにも有用なのでは?  ←結論ではない(^^;)

 

iPhone7plusのカメラアプリには「iOS10.1」から「ポートレートモード」が追加されました。

この機能はiPhone7plusのみに搭載されている2つのカメラの画像を合成して…(以下略)

 

早速作例から見ていただきましょう。上がiPhone7plusで撮ったものです。

なお、「一眼並み」の比較には画角が似ていてポートレートレンズとしての評価も高いペンタックスのDA55/f1.4を使用しました。

 

 f:id:coolkick2016:20161106181215j:image

iPhone7plus(10.1.1),f2.8,ISO25,56mm,ポートレートモード

 

f:id:coolkick2016:20161106181641j:image

SONY α7Ⅱ + PENTAX DA55f1.4 ,f2.8(くらい),1/200,ISO100

 

 いかがでしょ?微妙な構図とか色とかの違いはご容赦いただくとして、このサイズだとほとんど違和感のないですね。撮影距離の制約(約30〜240cm)があるにせよ、β版でこのデキですから、さすがAppleというところでしょうか。

 

 ただ、シチュエーションによってはボケが不自然になってしまうこともありました。

f:id:coolkick2016:20161106190939j:image

iPhone7plus(10.1.1),f2.8,ISO20,56mm,ポートレートモード 

 

f:id:coolkick2016:20161106190948j:image

SONY α7Ⅱ + PENTAX DA55f1.4 ,f2.8(くらい),1/400,ISO100 

 

この作例がわかり易いのですが、iPhone7plusの方は真ん中の花(これにピント合わせてます)の前後の花もほとんどピントが合っていてその後ろから急激にボケ始めているように見えます。一方、一眼ではなだらかにボケていますね(ボケ量も多いですが)。まぁ画像処理によってエフェクトをかけている以上、(今のところは)仕方ないのでしょう。

ただ、これを逆手にとってテーブルフォトや料理の写真に生かすこともできるのではとも思います。

最近、小洒落たディナーとか行っていないので作例は撮れてないのですが、機会があればやってみようと思います。

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

 

当ブログはAmazonアソシエイトプログラムに参加しております。